当社は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることにかんがみ、国の定める”個人情報の保護に関する法律(平成一五年五月三十日法律第五十七号)”を遵守するとともに、お客様の個人情報を取り扱う事業者としての自覚を持ち、お客様と当社とのよりよい信頼関係を築くための基本方針を以下のように定めます。
1.個人情報の定義
本方針でいう個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。
2.利用目的
当社は、主たる事業目的である医療用機器、用具、医薬品等の販売に関し、お客様との取引を安全かつ確実に進め、かつ当社の取扱う商品の改善、向上、企画のため、個人情報を収集します。
3.情報の収集
当社は、利用目的を明示しお客様から同意を得てから個人情報を収集します。なお、収集以外の形で得たお客様の情報を利用する場合は改めて同意を得たのちに利用します。
4.情報の維持
お客様から、当該個人情報に関する開示・訂正・削除の要求があった場合、すみやかに対応します。また、個人情報を破棄する場合、第三者の目にさらされないように注意して破棄いたします。
また当社は、法令に基づく場合のほか、あらかじめお客様の同意を得ないで第三者へ個人情報を開示、提供することはありません。個人情報の処理等を外部に委託する場合は、当社の厳正な管理のもと行います。
5.安全管理措置
当社は、取り扱うお客様の個人情報データの漏えい、滅失又はき損の防止のために、社内の情報セキュリティを維持することに努めます。 システム障害、不正アクセスの兆候、情報の流出、不正利用等をいち早く検知し、それらの原因究明が円滑に行わわれるようにします。
6.苦情処理
当社は、法令および本方針に定める個人情報の取扱いに関して、お客様から苦情があった場合には、適切かつ迅速な処理に努めます。 また、当社は、処理に対応するための、必要な体制の整備に努めます。
7.方針の見直し
当社は、本指針を個人情報保護法、その他の法律の改正ならびに医療業界をめぐる諸条件の変化に適応させるため、定期的にまた必要あるときに適宜見直すものとします。